Enabling Great Minds
and Strong Characters

日本語の授業について

【G1-G5】

SLO(課外授業)として、小1~小5(小6)対象に、週1回日本語の授業を行います。

主に市販の教材(ふくしま式)※1を使用し、思考力を養うことを目的としています。

【G6-G9】

G6-G9は第三言語の履修を義務付けられていますが、日本語を母語とする生徒さんはフランス語とスペイン語以外に日本語を選択することができます。

対象は、母語として学年相当の日本語力を有する生徒さん※2です。また、授業自体は教師の指定する書籍※3を使用し、小説・論説文・詩歌・古文等を題材に学習します。日本国内の国語指導要領には沿っていませんが、主に思考力と記述力を養う内容で、プレゼンテーションも行います。なお、漢字や文法事項は独立した単元としては取り扱いません。

【G10】

G10は、G11から始まる「IB」に向けての準備となります。教材はG6-G9と同様に、教師の指定する書籍※4を使用します。最終的にIBディプロマで高評価が得られるよう、エッセイやプレゼンテーションなどの対策もとっていきます。

【G11-G12】

G11・G12の2年間で「IBディプロマ」を取得しますが、Japanese A(母語レベル)のHL (Higher Level) または SL (Standard Level) を選択できます。IB取得条件であるEEも、日本語で書くことが可能です。なお、使用教材は学校からの貸し出しとなります。

 

 ※2 他の言語(仏/西)と違い、日本語が非ネイティブの生徒さんは受講できません。
 ※1 / ※3 / ※4 指定の書籍は、各ご家庭でご購入いただく必要があります。

More information

Get detailed information about ISR on our English and German pages.

en de

Detaillierte Informationen finden Sie auf unseren englischen und deutschen Seiten.